佐々木のハナウタ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐々木のハナウタ

気ままに、日常を歌っております。

大のカラオケ嫌いがカラオケ大好き人間になった話2

こんにちは、佐々木です。

 

前回の更新から間が空いてしまいましたが、今日は「大のカラオケ嫌いがカラオケ大好き人間になった話2」をお送りいたします。

 

前回の記事はこちら↓

sasakino-hanauta.hatenablog.jp

 

それでは参りましょう。

エピソード2.カラオケ嫌い、恐怖に飲み込まれ声を失う

 

(ねえ大好きな君へ~...ってアレ!?!?)

 

第一声が出なかった。あまりの情けなさと恥ずかしさに顔面が激しく紅潮したことを覚えている。そんな僕を置き去りに、まるで監獄のようなカラオケルームには愛唄の音源だけが鳴り響いていた。

今思い返せば、途中から歌い始めることもできたはずだ。

しかし当時の僕にそのような選択肢は存在しなかった。早くこの場から消えてなくなりたい。穴があったら入りたい。そんなことしか浮かんでこなかった。

 

自ら演奏中止ボタンを押し、強制終了した。その後は、終始無言でカラオケルームの隅っこに身を潜めていた。

 

エピソード3.大のカラオケ嫌い、克服を決心する

f:id:sasaki-rusk:20170212102658j:plain

 

 

「たかだか5人を前にして歌うだけで緊張して声も出なかった」

その事実を目の当たりにし、僕は克服を決心した。

まず、どうして緊張したのか?理由は明らかで、ただ単に「自信がなかった」のだ。では、どうすれば自信をつけることができるのだろうか。僕は思考を巡らせた。2秒くらい。すぐに答えは出た。練習あるのみだと。

まもなく僕は大学生となった。大抵の底辺大学生は時間を持て余す。その時間を、僕はカラオケ通いにつぎ込んだ。時には一人でフリータイムで入場し、8時間丸々歌い込むこともあった。(この時の練習方法等は、のちのちブログでも紹介していきたいと思います。)

 

「歌のうまさ」とは、通常可視化できないものである。聴いている人の心にいかに響かせるか。それは、ピッチの正確さやビブラートの上手さだけでは計りえない。

しかしその頃、巷では関ジャニの某番組をはじめとする「カラオケの採点機能を使って勝敗を決する歌番組」がプチ流行していた。その影響もあってか、カラオケの採点機能がその人の実力を示す一つの指針として世間に認知され始めた。テレビで採点に挑むプロのアーティストたちは、安定して95点前後を叩き出す。対して、音痴ではない普通の素人は、大体80点~88点くらいである。

この事実を知った僕は、「カラオケ採点機能での90点越え」を一つの目標とし、練習に励むようになった。

 

エピソード4.大のカラオケ嫌い、カラオケ大好き人間に進化する

f:id:sasaki-rusk:20170212102805j:plain

 

 

目標を設定してからの成長は、自分で認めるほど早かった。小手先の技術ではあるが、ビブラートやこぶしの利かせ方等もこの時習得した。

カラオケ採点機能で90点以上が出せるようになった頃から、カラオケに行くと「うまい!」とか「感動した。。」とか言ってもらえるようなった。僕は単純なので、それがすごくうれしかった。

 

大学生活も終盤を迎えたころ、ついに「カラオケ大好き人間になった」と確信する出来事が起きる。なんと、自ら応募してカラオケ大会に出場したのだ。数年前、5人を前にしただけで緊張して声も出なくなっていたあの僕が。(大会は、予選8人中1位通過、決勝は3位入賞という結果に終わりました。)

 

ここまで長々と自分語りをしてきましたが、何が言いたかったかといいますと、歌は練習すれば上手くなるということです。僕は人前で歌えないレベルからここまで来るのに、ざっと5年近くかかってしまいました。しかし、歌の上達にはちゃんとポイントがあります。そこを意識して練習すれば、すぐに効果が出ます。特に「この1曲だけはうまくなりたい!」とかであれば、あっという間に変われます。

 

学生も社会人も、嫌なのにカラオケに連れていかれる場面って年に1.2回はありますよね。このブログを読んでくださっている皆さんには、ぜひ歌を練習して、その時間を有意義なものにしてもらいたいと思います。絶対に、僕のような惨めな思いはしてほしくない。なので、「〇〇(曲名)を上手く歌う方法」とか、少しでも皆さんの上達に寄与できる記事を書きたいなと、思案中でございます。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

それでは!

 

sasaki-rusk

 

大のカラオケ嫌いがカラオケ大好き人間になった話

 

らすくです。

 

元カノに彼氏ができてツラいです。

男って本当に「名前を付けて保存」してしまうんですよね。

気分転換にブログでも書いてやりますよ!!!

 

 

エピソード1.「カラオケ嫌い、カラオケへ強制連行される」

 

 

f:id:sasaki-rusk:20170207210223j:plain

 

 

みなさん、カラオケは好きですか?

 

僕は大好きです。

でも、ちっちゃい時から好きだったわけではないです。

むしろ、クールキャラで売っていた(?)ため人前で歌うなんて大嫌いでした。

 

そんな僕が、いつ歌に目覚めたのか?

 

それは、大学生のころ。

 

経緯を話すと、時は高校時代まで遡ります。

 

いざ、人生初の少人数カラオケへ!

 

ある晴れた夏の日、僕は仲間たちとカラオケに行くことになりました。

というよりは当時つるんでいたグループのボス猿的な存在に強制連行されました。

俗にいう陰キャだった僕に、従う以外の選択肢は残されておりませんでした。

 

メンバーは5~6人だったでしょうか。

大勢いれば、歌わなくても目立たないし、歌がうまい人や自己顕示欲が強めの方々が勝手に歌ってくれるので、クールな僕は隅っこで影を潜めていればそれで済んだのです。

 

しかし今回は少人数。

しかもやんちゃな高校生。「歌わないなんてシラケる」という空気感すら漂っている。

 

この時ばかりは、僕はカラオケを発明した(と自称する)井上大佑氏を怨みましたよ。

井上大佑 - Wikipedia

(ちなみにこの方は、特許出願を怠ったことで100億円を損したらしい)

 

歌がうまい人から歌っていき、それなりに下手な人も歌い、ついにマイクという名の死のバトンは僕のところまで回ってきた。

 

ついに人前で歌を歌うのである、あのクール(陰キャ)ならすくが...!

 

 

高3の夏、僕は声を失った

 

 

頭が真っ白で、自分が歌える曲すらまともに思いつかず、とりあえず前の人が歌っていたGReeeeNをチョイス。そのなかでも人気曲である「愛唄」という曲を送信した。

 

鼓動が高鳴り、脇汗が滲む。

想定よりはるかに短めの前奏が終わりに近づき、皆の視線を一気に浴びる(実際はそんなに見ていない)。

 

f:id:sasaki-rusk:20170207210856p:plain

 

 

 

(ねえ大好きな君へ~...ってアレ!?!?)

 

 

 

 

ー 僕はその瞬間、声を失った。

 

 

 

 

続きはまた明日。

 

 

sasaki-rusk

友人の結婚が決まったのでプレゼントになにをあげるか小一時間考えてみた。

こんばんは、佐々木らすくです。

 

今日は風が強くてクッソ寒かったですねぇ。

それはそうと、健康診断を受けてきたんですが、なんと、、、

 

 

身長が0.8mm伸びてたよ!!うおおおおおお!!

 

 

え?mm単位の伸びで喜ぶのはチビの証だって?

来世で160cmまでしか身長が伸びないように呪っておきますね。

 

 

 

さて、タイトルの通りのですが、、、

 

 

親友が結婚しました!!!!!

 

いや、皆さんからしたら「(´・ω・`)知らんがな」って話なんですが、ついこの前まで校庭でドッヂボールして喧嘩してたあいつが、結婚なんて本当に

信じられないし感動モンですよ。

 

そして同時に、周囲の結婚をみて焦っている諸先輩方の気持ちも少しわかった気がします。笑

 

 

さてさて今夜は、そんな二人に送る結婚祝いのプレゼントを考えてみました。

 

ちょっといい案が浮かんだので、皆さんにシェアしてやろうと思います。

いいね!と思ったらそれなりの行動をしてくださると喜びます。

 

 

一生に一度(であってほしい)の結婚。

しかも親友と呼べる間柄の仲間の結婚。

 

 

あんまり安物をあげるのはチョット...

 

と思いますよね。

 

たとえ親友の結婚とはいえ、何十万も出せる人は一握りだと思います。

でもイイモノをあげたい!!

 

 

こんな状況を打開するために僕が考案した作戦それは、、、

 

 

「共同出資で実用的かつちょっと高価なものあげちゃうぞ作戦」

 

 

 

作戦名ですべてを伝えきった感がありますが一応解説していきます。

 

 

共同出資といっても、あんまり大勢集めると「自分からのプレゼント感」が薄れるので、僕の場合は1人にだけ協力してもらい、2人で割り勘してちょっとイイモノを買う作戦にしました。

 

 

さて、ここからが本題です。

肝心のプレゼント、「ちょっとイイモノ」とは...??

 

それは、「デジタル一眼レフカメラ」です!!

 

 

あのねぇ、ネットで「結婚 プレゼント」とか検索するじゃないですか。

すると出てくるでてくる、ありきたりなプレゼント候補たち。

やれマグカップだの、箸だの、タオルだの、、

 

あきれましたよ、グーグル先生。

僕たちは、そんな考えなくてもわかるようなチープな答えを求めちゃいないんですよ。

 

カメラって、結婚祝いにすごく合っていると思います。

 

  • 実用的
  • わりと長く使ってもらえる
  • カップルふたりとも使える
  • 価格帯が3万~10万と幅広い

 

いかがでしょうか。

 

もちろん、カメラがめっちゃ好きな人にあげるのはNGですよ。

その人なりのこだわりとかありますから。

 

特にカメラが趣味とかでない人にとってのカメラの位置づけって、

「ほしい!けど高いから後回しやなあ...」くらいですよね。

 

かといって、ボーナスとか入っても本当の趣味のほうにつぎ込んじゃったりして、なかなか手が出せない。

 

それはまるで、届きそうで届かない、あの夏空に浮かぶ雲のようなそんな(ry

 

はい。

とにかく、まだあげてもないしむしろ買ってもいないんですが、非常にいい選択肢だと思いますよ。

実際、数万するカメラもらったら嬉しくないですか?僕なら飛び跳ねますけどね。

 

明日当たり、秋葉のヨドバシで店員さんにいろいろ聞いて来ようと思います。

 

 

そして今月中に、「買ったカメラの紹介」、「実際の友人の反応」についても更新しようと思います。

 

それでは、乞うご期待!!(未だ閲覧数0)

 

sasaki-rusk

アコギは教室で習う?独学?ギター教室のメリットとデメリットを実体験で語ります

佐々木らすくです。

 

この記事を書いている現在、ギター歴は3か月くらいでしょうか。

コード進行が簡単なものはある程度弾けるようになってきたので、初心者がギターを始める上でのアドバイスなんかを綴っていきたいと思います。

 

ちなみに僕が練習しているのはアコギなので、「エレキギターを始めたいんじゃ!」という方はあくまで参考程度と思って読んでくださいね。それでは早速

 

 

アコギは教室に通って習うべきか否か

 

 

結論から言いますと、僕は通ったほうが良いと思います。

 

当然、人によりけりというのはあります。

でもね、そんなこと言われたって決められないからこうしてネットで調べているんですよね、わかりますその気持ち。わかるってばよ。

 

ちなみに僕は、独学と教室通いの両方を経験しています。

 

それでは実際に僕がギター教室に通って感じたメリット・デメリットをお伝えしていきましょう!

 

メリット

 

1.継続しやすい

 

教室に通うということは、お金を掛けるということです。

だれしも、お金を無駄にしたくはないですよね。だから毎週ちゃんと通う→継続が力になる。単純な話です。

独学の場合、本当にギターが大好きでないとなかなか続かないと思います。

なぜなら、やめても自分がなにか損するわけじゃないし、他人に迷惑かけるわけでもないからです。

 

 

2.わからない部分を解決するための労力が減らせる

 

僕自身独学でやっていたときは、コードの押さえ方から譜面の読み方まで、全部ネットで調べていました。たしかに、自分で苦労して調べた方が後々定着しやすいという意見も一理あると思います。

けど、その調べている時間を「先生に質問する」ことで短縮し、練習に充てた方が効率的だと思いませんか?

実際僕はこれができるようになったおかげで、ギターをやるうえでのストレスがものすごく減りました。ストレスが減るということは、上で述べた「継続しやすさ」にも繋がってきます。

 

いや、本物の初心者は、チューニングのやり方や弦の張り方さえも調べないとわからないし、すっごい時間かかりますよ。

 

3.ギター仲間ができる

 

ギター教室では、大抵の場合「グループ講習」か「マンツーマン講習」が選択できると思います。

そして、マンツーマンのほうが当然授業料が高い(またはレッスン時間が短い)です。

 

ここは断然、「グループ講習」がおすすめです。

なぜなら、料金も安い上に、ギター仲間ができます。

 

でも、「仲間のなんていらねえ!おれは孤高のギター侍なんや!」という方もいるかもしれません。

 

 

まあまあ、そんなこと言わずに仲間を作ってみてください。

別に仲間じゃなくてもいいんです。一緒に受ける人の中には、初心者にとっては「こいつレッスンうける必要ないやろ!」というほどの腕前の人がいたり、「この人には負けないぜ...」くらいのライバルレベルの人もいたりします。

 

どんな人が一緒になるかはわかりません。

でも、同じグループで受ける人をうまく利用できれば、自分の上達に繋がっていくはずです。利用という言い方はアレですけどね。

 

 

デメリット 

 

一方、デメリットは、

 

1.お金がかかる

 

これは言わずもがなですね。

多くを語る必要はないでしょう。

ご自身のお財布と相談してみてください。

 

 

2.自由が制限される

 

レッスンは、大抵の場合、曜日固定で実施されます。

しかし困ったことに、休んだ場合、振り替えができない教室が多いです。

 

つまりどういうことか?

月4回のレッスンで1万円の教室があったとします。

1回の授業料は、単純計算で2500円。

しかし1回でも休んでしまうと、途端に一回の授業料は約3333円に跳ね上がってしまいます。2回休むと5000円になってしまいます。これは困った。

 

特に20代前半で社会人の方なんかは、休日は急に友達から遊びの誘いが入ったり、平日は上司から飲み会に誘われることも多いでしょう。

 

正直言って、ここは割り切るしかないですから!!ざんねーーん!!

 

このデメリットがどうしても嫌だという方は、数は少ないですがその辺の融通が利く教室を探すのがいいと思います。

地方だと、なかなか選べるほど教室がないという現実もあるかも知れませんが...

 

 

 

 

いろいろと書きましたが、ギター教室を考えている方は、入会の決心が出来ましたでしょうか。

 

少しでも迷っている方の背中を押せたなら嬉しいです。

 

まああれです、とにかく入ってみて、嫌だったらやめてやりましょう。笑

細かいことを言えば、先生との相性とかもありますしね。

 

無料体験レッスンやってるところなんかも多いですから、とりあえず行ってみましょう。何事も、調べるより実際に行動することが大切ですよ。

 

あと、大手だと入会費割引キャンペーンとかもやっていたりするので、そういったキャンペーンがあるかないか、問い合わせてから入会時期を決めるのもいいと思います。

 

 

僕もまだまだ初めて3か月のギター初心者です。

これからまた教室について感じることがあったら、追記していこうと思います。

 

 

それでは、よきギターライフを!!

 

sasaki rusk

 

 

僕がブログを始めるワケ

どうも、こんばんは。

佐々木らすくです。

 

突然ではございますが、本日からブログを始めてみることにしました。

 

タイトルにも示した通り、今回は、「僕がブログを始める理由」について、書き綴っていきます!(備忘も兼ねて)

 

佐々木が何者なのかは、ブログを読んでくださればだんだんわかってくると思いますのでそんなに焦らないでください^^

 

それでは、初ブログ綴っていきますね!

続きを読む